薬剤師ならではの心遣いとは?

薬剤師パート → 薬剤師パートも患者さんに対して理解や配慮が必要な時代

薬剤師パートも患者さんに対して理解や配慮が必要な時代

日本の医療技術は年々高度化しており、それに伴って患者さんへの対応も幅広く様々な形態になってきています。薬剤師も、それに合わせて自分の知識の拡充や、患者さんそれぞれに適切な対応をしていく事が求められていますが、患者さんからの不満の声が上がる事もあります。また、声として大きくは上がっていなくても、水面下で不満や不安を感じている方はとても多く、こういった方への配慮も今後さらに求められるでしょう。
パート薬剤師のメリット・デメリット

気を付けたい事は、薬剤師は日々の薬局や職場での業務で、病院や薬局という場所が日常になっていますが、患者さんにとっては、日常とはかけ離れた場所です。そのため、緊張感や不安、ストレスを感じやすい環境にいる事は間違いありません。高齢化が進み、症状の重い患者さんも増えています。配慮が必要になる患者さんも多くなるため、薬剤師は今まで以上に患者さんの立場に立って対応をしていく必要が出てきています。

高度化する医療の背景にも、重い症状の患者さんも増えているという事があります。患者さんは本当に自分の病気が治るのか、きちんと対応してくれるのかという所をとても不安に感じています。薬剤師も、その患者さんの不安を少しでも軽減するように意識して、日頃から仕事をしていかなければなりません。そのために必要なのはやはり患者さんとのコミュニケーションです。患者さんの話を良く聞き、それに配慮していくという姿勢が求められています。

病院のベッド数も段々と足りなくなってきており、それに伴って新しい在宅医療などのスタイルも登場していますが、まだスタートして間もなく、根付いていくにはまだ時間がかかると言われています。薬剤師はできるだけ自宅で薬を服用する事で治療ができるように患者さんをサポートしていくという大切な役割を担っています。薬剤師は安定して働きやすいという事にスポットが当たりやすいですが、仕事への姿勢も今一度見直して、頑張っていきましょう。

薬剤師として、医師に遠慮しすぎていないか

患者さんの中には薬剤師に不満がある方もいますが、その中に多いものの一つとして、患者さん自身よりも、医師に対して配慮していないかという事を挙げる方もいます。医師と薬剤師は密にコミュニケーションを取る必要がある関係ですが、医師の処方した医薬品を薬剤師が調合するという役割を持っています。患者さんは、医師の治療や方針に対して不満や不安が残る場合、薬剤師もその言いなりになっているだけで、意味がないのでは、という不安を持つ方もいます。

患者さんは薬剤師の対応を肌で感じる立場にあり、薬剤師が思っている以上に、その仕事に対する姿勢を敏感にキャッチしていると考えておいた方が良いでしょう。誠実に患者さんと向き合っていないと感じられる仕事は、やはり患者さんからも厳しい目を向けられてしまいます。単に薬を提供して終わりというだけだと、患者さんがもっている不安の行き場が無くなってしまい、このような事態になってしまいます。

これは逆に、患者さんとの信頼関係を修正していくチャンスとも言えます。医師の治療などに対して何か不満や不安があるのですかという事を聞いてあげるようにし、患者さんの本当の気持ちを聞いていくようにすれば、患者さんも薬剤師を頼ってくれて、信頼関係を回復する事ができます。医師ともやり取りをする機会があれば、患者さんからの声をフィードバックしていくというのも良い方法です。できる事が限られているかもしれませんが、最善を尽くしましょう。

また、薬の提供方法も、患者さんの事を想ったものなのかという事も、今一度見直してみましょう。良くあるケースとしては、専門用語を使ってしまっているという事です。医師や薬剤師の間では常識的な言葉であっても、一般の患者さんからすると意味が分からないという言葉は多くあります。そのため、できる限り分かりやすい言葉で伝えていくように心がけていき、より良い関係を患者さんと作れるようにしていきましょう。

薬剤師パートに必要な能力