薬剤師に求められる能力とは何か?

薬剤師パート → 薬剤師パートに必要な能力

薬剤師パートに必要な能力

薬剤師は医薬品を患者さんに提供し、その服用の仕方について適切なアドバイスを行うという役割を持っていますが、特に最近今後の薬剤師にとって必要になってくると言われているのがコミュニケーションのスキルです。薬剤師は専門性が高く、医薬品についての知識を優先する方が多い傾向にありますが、今後の薬剤師には技術者的な専門性だけでなく、患者さんや職場の方、医師などとスムーズにコミュニケーションを図れる人材が望まれています。

患者さんに対しては、医療の高度化に伴って医薬品の効果も高いものになりつつあります。その中には服用の仕方を守らないと大きなトラブルに繋がりかねないものもあり、こういった注意事項を適切に守ってもらうために、一人ひとりの患者さんとより密に向き合う必要があります。そこで大切になるのは、医薬品の効果を単に説明するだけでなく、患者さんの話にも耳を傾け、その患者さんに合わせたアドバイスが必要という事です。

医師については高度化する医療技術の話題に対応できるように勉強を行っていく必要があります。勉強をした上で、医師の話を正確に理解して、薬剤師としての調剤の仕事に反映させるという、知識だけでなく話の意図をくみ取る力が必要とされています。医師の中には特に変わった方というのも実際の所多く、話の核心やポイントが理解しにくいという事も出てきますが、そういった方からの話もよく聞き、関係を作っていく事が大切です。

また、職場の方々に関しては、薬剤師は一人だけで行う仕事ではありませんし、最近はチーム医療という新しい医療の形も登場し始めています。チーム医療では医師、看護師、薬剤師などのそれぞれの分野のエキスパートがチームを組んで患者さんの治療に当たるという医療形態です。ここではよりチーム内での連携が必要になり、薬剤師も情報伝達や共有など、コミュニケーション力を発揮していかなければなりません。今後のために、今から磨いていく事をお勧めします。

薬剤師が患者さんと接する上で気を付けたいプライバシー

薬剤師が仕事をする場として多くの方が勤めている職場に調剤薬局があります。比較的規模の大きい大手の調剤薬局から中小規模の所まで様々な職場がありますが、薬局のレイアウトも重要になってきています。最近は医療技術も高度になってきていますが、それに伴って、治療をして貰う患者さんの症状も重たいものやプライバシーに関わる症状など、デリケートな問題をはらんだケースも多くなってきています。

こういった事に対処するためには、従来の薬局のスタイルでは対応できないという事が近年話題に挙がっています。大きな例を挙げると、薬局のレイアウトが挙げられます。薬局はカウンタが仕切りで仕切られており、隣に座っている方の顔などが見えないようにはなっていますが、簡易的なものであって、どうしても完全にプライバシーを守られているものではありません。また、声を大きくして話す必要がある事も多く、そうすると隣の方まで聞こえてしまいます。

個人情報などの問題も話題になる事が多くなっていますが、薬剤師も、患者さんのプライバシーにより気を使う必要が出てきていると言えます。最近ではレイアウトを見直したり、なるべく顔を合わさなくて済むように工夫を凝らす薬局も出てきています。今後もこの流れは続くと見て良いでしょう。もちろん、大手の薬局だと、自分の裁量でレイアウトなどを工夫できない事も多いと思いますが、上司に提案をしてみるなどして、改善を図っていくのも良いでしょう。

個室などにするという薬局も増えてきています。ただし、個室だと逆に患者さんが重大な病気なのかと不安を感じやすいという面も問題視されています。難しい問題ではありますが、薬剤師に今できる事は、できるだけ患者さんのプライバシーに配慮しながら接していく事と言えます。配慮している事があからさまに分かる形ではなく、自然にさりげない形で配慮してあげれるとベストと言えるでしょう。良い関係を築いていけるように常に考えて仕事をしていきましょう。